FP資格・資産形成・ヘルスケアなど 生活の質を高める情報をお届け
TAG

資産運用

    楽天・バンガード・ファンド(全世界株式)の第2期決算は…

    超優良ETFである バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT) に、手軽に投資できる投資信託「楽天・バンガード・ファンド(全世界株式)」。その第2期(2018年7月18日~2019年7月16日)の運用報告書が発表されました。課題となっていたコストなどがどうなっているか、第2期運用報告書を元に結果を検証してます。

      iDeCoの積立を年3回に変更してみた

      iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金制度)では「掛金の年単位拠出」が導入され、1年間の中で拠出時期と額を選べるようになりました。今回、拠出区分を「毎月」積立から「年3回」積立へと変更。その理由と手続きについてまとめてみました。

        金融庁が警告 「老後に2000万円不足」の本質は何か?

        6月3日に金融庁が「高齢社会における資産形成・管理」という報告書を公表しました。この中では、高齢化と少子化が進む中で、老後を年金と貯蓄だけに依存することに警鐘を鳴らしています。しかし「退職金だけでは2000万円が不足」という内容で報道され、本質がうまく伝わっていない気がします。そこで僕なりに今回の報告書について整理したところ、報道されていない意外な事実も分かってきました。

          楽天・バンガード・ファンド(全世界株式)は大丈夫?費用明細経過レポートで確認

          多くの期待を集めて登場した「楽天・バンガード・ファンド(全世界株式)」。しかしコストが期待よりも高止まりとなっています。これを受けて、楽天投信から異例となる4半期ごとのレポートが発表されています。それらを基に、現状の実質コストがどうなっているのかを追いかけてみました。

            楽天カードクレジット決済でお得にポイントゲット!のはずが…

            楽天証券で投資信託を積み立てる場合、新たな引落方法として「楽天カードクレジット決済」が追加されました。 これまでクレジットカードを使っても、ポイント付与がありませんでしたが、「楽天カードクレジット決済」ではポイント付与の対象となります。 10月28日から設定できるようになったということで、早速設定してみました。 しかし、とんでもない落とし穴にはまることに。 その顛末をご紹介しています。