FP資格・資産形成・ヘルスケアなど 生活の質を高める情報をお届け

個性派の一本 Ch. La Grange d’Orléan 2012(赤・仏)

Ch. La Grange d’Orléan 2012 [シャトー ラ グランジュ ドルレアン2012] 
 ・ 味わい: ミディアム寄りのフルボディ
 ・ 色:透明感のあるルビー色
 ・ 産地: 仏ボルドー
 ・ 品種: メルロー70%、カベルネソーヴィニヨン20%、マルベック10%
 

今回ご紹介するのは、『Ch. La Grange d’Orléan 2012』
ワインセットの中の1本でしたが、1,300円程度と手軽なワインです。

広告

飲んでみた印象・感想

総合評価:★★★☆☆ (2.5)
香り:樽臭が強く、アルコール臭も強い。空気に触れるとジャムのような香りが出てくる。
色:透明感のあるきれいなルビー色。

味:開け始めは、かなり辛口で鉄分を強く感じる。
  2時間くらいで̚̚カドが取れて濃厚な干しブドウのよう 。
    

これはなかなか個性のある1本。
結構、好みも分かれそうです。

  

(↑クリックして拡大↑)

おススメの料理やシチュエーション

これを飲んだ日はやや冷え込みが強かったため、夕食は牛肉とセロリ・玉ねぎのシンプルなビーフシチュー
牛肉との取り合わせを期待してこのワインを開けてみました。

結果的には、取り合わせがイマひとつ。
ワインの鉄分が強い感じと根菜を入れていないビーフシチューのシンプルさがミスマッチだった模様。
多分、ジャガイモや人参といった個性と甘みのあるビーフシチューなら、もっと合ったように思えます。
そういう意味では、オーソドックスなシチューや肉じゃがとかには適している気がします。

 

最新情報をチェックしよう!