FP資格・資産形成・ヘルスケアなど 生活の質を高める情報をお届け

サイトを一新! 新テーマ「Thor」を導入

当サイトは、2016年にワードプレスによるブログサイトを開設して以来、サイトのテーマについては、ずっと無料のものを使ってきました。

優れた無料テーマも多いのですが、モバイル経由での閲覧が増加する中で、閲覧速度やレスポンシブデザインへの適切な対応などが課題になってきていました。

そこで、さらなる訪問者の利便性向上やサイト掲載順位の改善などを図るために、今回初めて有料テーマのTHE・THOR(以下、トール)を購入しました。

有料テーマの購入や「トール」に関心のお持ちの方のお役に立てば幸いです。

広告

これまでのテーマ推移

当サイトはスタート時点から、オープンソースのブログ用ソフトウェア「Word Press」をつかって構築しています。

オープンソースですのでユーザーが色々な変更を加えられます。
また、国内外で公開されている様々な「テーマ」を選ぶことで、見た目のスタイルを自由に変えられます。
(もちろん、過去の投稿記事なども多少デザインの変更が必要ですが、概ねそのまま活用できます。)

実際、僕がこれまでに使ってきたのが、無料テーマの「Xeory Extension」と「マテリアル2」です。

これらはそれぞれ素晴らしい無料テーマでしたが、実際使ったうえでの長所と短所から整理していきます。

無料テーマ第1弾「Xeory Extension」

当ブログの最初のテーマは、バズ部さんによる「Xeory Extension」を利用させてもらっていました。
(利用期間は、2016年11月から2018年2月までの約1年3カ月になります。)

「Xeory Extension」を選んだ理由

◆ ワンコラム型で見た目がスマートでかっこいい
◆ レスポンシブデザインの採用でスマートフォンやタブレットなどで表示が最適化
◆ なにより、国産で無料利用できる

特に国産であることは、技術的なアドバイスをもらうときにストレスなくやりとりできます。

当サイトは(図書館で借りた)Word Pressの手引書を片手に、初めてサイト構築に取り組みました。
なにしろ初心者なので、細かなカスタマイズでうまくいかないときにメールで問い合わせしたところ、バズ部さんから色々と教えていただき助かりました。 😀

おかげで「Xeory Extension」で運用していた約1年余りの間、大過なく運営することができました。

また「Xeory Extension」は見た目のインパクトが強く、実際、記事が多くなかった当初は、アイキャッチ画像のインパクトだけで画面を埋める必要性もあったのでとてもありがたいテーマでした。

そんな「Xeory Extension」でしたが、元々企業向けの利用をメインとしているためか、いくつか課題が出てきました。

「Xeory Extension」の課題
◆ 投稿記事の増加とともにカテゴリーが増え、(サイトの上の)グローバルメニューが長くなった
◆ SNSのボタンが若干小さい
◆ モバイル環境での閲覧が増える中で、サイドメニューが下の方にまわってしまい、サイト全体の一覧性が厳しい
このような課題を解決し、かつ、国産・無料のテーマがないかという厚かましい願いを持つようになります。
それで探していたところ、巡り会えたのが「マテリアル2」でした。
広告

無料テーマ第2弾「マテリアル2」

こちらの「マテリアル2」に関しては、作者である NobuoさんのHP「マテリアル2ってどんなテーマ?」もご覧ください。
(利用期間は、2018年3月から2019年4月までの約1年3カ月になります。)

僕が特に「マテリアル2」をいいなぁと思ったのは、次のような点です。

「マテリアル2」を選んだ理由

◆ 文字中心の記事の見栄えがよく、必要な記事が見つけやすい
◆ 特にモバイル環境など小さな画面で、サイドバーがハンバーガーメニュー(横線の入ったボタン)に折りたたまれ、必要なときにすぐアクセスできる
◆ 記事を書くのに必要な機能が網羅されており、プラグイン(追加機能)が少なくてすむ
◆ 「Xeory Extension」同様、国産・無料である

また、カスタマイズ用の子テーマも一緒にダウンロードできることやカスタマイズ項目も豊富に用意されていることも◎でした。

そんな「マテリアル2」でしたが、やはり利用しているといくつか課題が出てきました。

「マテリアル2」の課題
◆ モバイル対応のプラグインの追加で、モバイル経由のアクセス増加に対して反応速度が遅くなってきた
◆ モバイル対応に関連する最新技術の「CSSの非同期読込」「AMP機能」には未対応?

テーマ変更の決意

さきほどのマテリアル2の課題にも書きましたが、今回の見直し理由の筆頭は、モバイル経由のアクセス増加です。
実際、僕のサイト訪問者の場合、モバイルが約6割、デスクトップが約3割、タブレットが約1割となっています。

もちろん無料のテーマでも、レスポンシブWebデザインに対応しているものは多いのですが、デザインの自由度が今ひとつでした。
また、特にモバイル向けにはサイト自体の読込速度を上げることが、ご覧いただくユーザーの皆さんにも重要になっていきます。

そこで、有料テーマも視野に入れて色々とテーマを検討した結果、導入に至ったのがFITさんが提供する「トール」です。

広告

有料テーマ「トール」を採用

まず、「トール」のHPからこのテーマの特徴を引用します。

ザ・トールを選ぶべき7つの理由

◆ 圧倒的にSEOに強く上位表示されやすい「国内最高クラスのSEO最適化テーマ」
◆ 息を呑むほどに美しく・プロ仕様のデザイナーズサイトが簡単に作れる。
◆ サイトで集客し収益を上げるための「集客・収益化支援システム」を搭載。
◆ 革新的な高速表示技術を多数装備した「国内屈指の高速テーマ」
◆ 国内随一と言っても過言ではない機能数と簡単に使いこなせる操作性。
◆ メールサポート・操作マニュアル/会員フォーラム・無料バージョンアップ有
◆ 要望や最新技術を取り入れ、機能追加改善を繰り返す「進化し続けるテーマ」

トール」のHPより

実際、紹介されている9つのデモサイトを見ると、プラグインなしで様々なサイトデザインにカスタマイズできそう。
プラグインが少なくて済めば、利用者の方の満足度を維持しながら、サイトの表示速度を速めることができます。

モバイル環境を前提としたスピードアップを図るうえで、「これこそベストバイだ!」と購入を決心します。

「トール」の購入まで

購入特典の比較

この「トール」というテーマの購入には、「テーマ&サポートプラン」と「らくらくサーバーセットプラン」があります。

僕のように既にサーバーを借りてサイトを運営している人やサーバー選択から自分で行いたい人は「テーマ&サポートプラン」
全く一から始める場合で、なるべくお任せしたいという人は「らくらくサーバーセットプラン」

となるようです。

さらに「トール」については、アフィリエイターの方々が独自の特典をつけて販売しているようです。
(”トール_購入特典”でググってみてください。)

僕が購入を検討した際の特典をざっと整理すると、次のような感じでした。

  • インストールからサイト構築までのサポート
  • 独自デザインの子テーマやアフィリエイト記事セット
  • テーマに独自の文字装飾・ボックスなどを追加するサービス
  • 利用レビューの買取による実質的な値引き  など

情報商材 安売王さんからの購入で決定

さて、僕の場合ですが、結局「情報商材 安売王」さんの特典を選ぶことにしました。

これは「テーマ&サポートプランを当サイト経由でご購入いただいた方全員にレビュー報酬として6,810円をお支払い」というものです。
ただし、手数料 500円が別途かかるため、実際の受取額は表示金額から 500円の手数料を差引いた 6,310円となります。

それでも、テーマ&サポートプランが 15,984円ですから、報酬額との相殺で実質 9,674円で購入できることになります。
実際、僕の場合でいくと「購入日・レビュー投稿日の翌日」には報酬の振込がなされていました。

↑クリックで拡大↑

※ 上記の内容については、僕個人の利用実績です。実際の利用に当たっては金額や条件を十分に確認してください。

広告

いよいよダウンロード

ダウンロードは、どの購入特典を選んでも「インフォトップ」から行うことになります。
購入の際にご自身が選んだ購入特典が反映されているか、よく確認してください。

初めて「ンフォトップ」を利用する場合には、ユーザー登録も必要です。

色々ありましたが、ようやくダウンロード画面にたどり着きました。

↑クリックで拡大↑

ダウンロードの有効期間は購入後、14日間のようです。
万が一のファイル破損などに備えて、ダウンロードしたファイルは別途バックアップしておきましょう。

次ページにて「テーマのインストール」

最新情報をチェックしよう!