FP資格・資産形成・ヘルスケアなど 生活の質を高める情報をお届け

Fitbit Alta HR 1か月使用の率直レビュー

広告

はじめに

前回の「軽・薄・小の粋なヤツ Fitbit Alta HR を購入!」の投稿から早1か月が経ちました。
今回は、使ってみた感想をじっくりレビューしたいと思います。

まずは、前回も紹介した動画で Fitbit Alta HR の特長を確認。

本体は期待どおり、いや期待以上!

僕自身は、今回初めてFitbit社のガジェットを使ってみました。
前回書いたとおり、僕は腕が華奢なため、あまり太さのある活動量計は使いません。

活動量計にコンパクトさを重視すると、どうしても情報量や機能面での不満が出てきます。
今回の「Fitbit Alta HR」は、コンパクトな中に

 タップ式で切り替えられる ディスプレイ

 リマインドや目覚まし、運動を促す バイブレーション機能

 LEDによるリアルタイムでの 心拍数測定

といった活動量計の基本は抑えてくれているのが魅力です。

実際、1か月使ってみると、大きさこそ「Jawbone UP3」の方がやや薄いですが、ディスプレイが付いていてスマホ無でも一定の情報が確認できるというのはとっても便利!
心拍数・歩行距離・消費カロリーなどが画面タップで確認できます!

また、ディスプレイの表示項目や時計のデザインも同期したスマホから簡単に変更できるため、自分好みの使い方が見つけられると思います。

縦型も横型もありますので、気分やシチュエーションによって変えられます。

↑クリックで拡大↑
↑クリックで拡大↑

もちろん、右・左手のどちらかにつけるかを設定することで、ディスプレイの向きも適切に変更されます。

また、1時間ごとに250歩に達していない場合、その10分前に運動をバイブレーションで促されます。
デスクワークでついつい机に向かいっぱなしという方には便利な機能です。

↑クリックで拡大↑

LEDによる心拍数測定も、思いのほか快適です。
(「Jawbone UP3」の心拍測定は、電極状の突起で行うのですが、角度によっては手首に食い込むことで痛かった。)

本体裏側の緑色のところがLEDで、測定中は激しく点滅しています。
なぜかお風呂上りに装着しようとした時も激しく点滅します。
多分、振動を感じ取って測定しているのではないでしょうか。

↑クリックで拡大↑

また、ディスプレイも常時点灯ではないことも個人的にはありがたい機能です。
(画面を見る感じで、手首をひねった時だけ点灯します。)
もちろん、節電のためでもあるのでしょうが、むしろ仕事中に着用し続けることを考えると目立たなくて良いんです。

でも、ここは改良してほしい。

このように、大変満足しながら使っていますが、1か月経つと色々と「惜しい!」と思えるポイントが見えてきます。

バイブレーションが弱い

僕は、早朝に勉強することが多いため、活動量計のバイブレーション機能は、目覚ましをかけずに起きるためには必須です。
その点、「Fitbit Alta HR」にもバイブ機能はあるのですが、あまり強くない(というか弱い)ことに加え、3回くらいのバイブで止まってしまいます。
数分後に再びバイブするのでスヌーズ機能という感じです。
このため、朝、気がつかずに寝続けることもしばしばありました。

この点、「Jawbone UP3」は止めるまでバイブし続けるので、とりあえず気がつかないということはありませんでした。(もっとも止めてしまって、二度寝したことは数回ありましたが。 😛 )

バッテリーが思ったよりももたない

活動量計は基本的に1日中つけっぱなしです。(本機は防水仕様ではないため、お風呂に入るときは外しますが。)
そのため、充電はできれば1週間に1回くらいにしたいのですが、1か月目で大体4~5日に1度は充電が必要という感じでしょうか。


これから、だんだんとバッテリーが弱ってくると、もう少し充電の頻度が上がるかもしれません。
ここは、やはり1週間に1度の充電で済ませられると、ストレスなく着用できそうです。

最新情報をチェックしよう!