FP資格・資産形成・ヘルスケアなど 生活の質を高める情報をお届け

FP1級学科合格体験記(ヒヤヒヤの3カ月編)

あきらめが先立つ模範解答公表

模範解答については、これまでのFP試験同様、当日の17時30分から公表されます。

あまりの難しさに、半分放心状態でパソコンの前に座って公表を待ちます。

いよいよ公表。

基礎編はマークシートなので、すぐに答えが合わせられます。
自己採点で「68点」ですので、まあ、何とか6割をキープしました、

問題は記述式の応用編です。
部分点がどのくらいか予想しづらいこともあり、甘めに採点しても「47点」ほど。

基礎編+応用編で合格ライン「120点」のところ、甘めにつけて「115点」の自己採点結果です。

(↑クリックして拡大↑)

「あ~ こりゃダメだわ」とその時点で終了。

自分の気持ちを癒やすため、(仲間を求めて)ネットで今回の試験の書き込みを調べます。

 

ネット民
今回の試験は合格者10%切るだろ
ネット民
今回の試験難しすぎてワロタ
ネット民
今回受かった奴は実技試験免除で可
マサ
うんうん みんなそうなんだ~

 

ネットの書き込みを見て、自分だけではなかったんだとちょっと安心。
そうした中でも、

ネット民
俺、140点は取れてる
マサ
すごい人がいるもんだなぁ

この書き込みをした人は色々叩かれていましたが、あえて書き込んだ勇気もスゴイかと。

意外過ぎた結果発表(2016/10/24)

さて、傷心の受検結果から1か月以上が過ぎ、ようやく翌年1月の次の学科試験に向けて勉強を始めていました。

そんな時期に結果発表日がやってきます。

結果は、きんざいホームページから受検番号を入力して確認できます。

はじめから不合格のフラグが立っていたため、職場から帰宅して確認。

パソコンから受検番号を入力したところ、

p1030910-1

(↑クリックして拡大↑)

ん?「合格」?

もう一度、入力した受検番号を確認。

なんと、本当に合格しているじゃないですか!

棚ぼたの合格とはいえ、これはラッキーとしか言いようがありません。


ちなみに、この回の合格率は、過去5回しかない10%すら大きく割り込み、過去最低となる「4.84%」を記録。
(合格者265/受検者5,471 )

(午前中で心折れた人を含む)欠席者まで含めると、なんと「3.30%」の合格率です。
(合格者265/申請者8,036 )

広告

何ともハードルが高い受検回となっています。

その要因として、多くの受検者の得点源である「応用編」の傾向が大きく変わったことが影響したのではないでしょうか。

今後に続かないことを祈るばかりです。

 その後の試験では従来のレベルに戻り、きんざいの発表では合格率も概ね10%台で推移しています

試験日1級学科
合格率
2019年9月10.14%
2019年5月11.77%
2019年1月8.45%
2018年9月8.24%
2018年1月14.52%
2017年9月10.41%
2017年1月13.98%
2016年9月4.84%
2016年1月12.37%
2015年9月15.41%
2015年1月13.09%

合格通知と得点状況

さて、後日正式に1級学科の結果が届きました。

合計で131点(65.5%)」で辛うじて合格です。

p1030911p1030915

(↑クリックして拡大↑)

自己採点していたものと実際の得点を照らし合わせると、その差は「16点」になりました。

特に「相続・事業承継」の差が大きく出ています。

%ef%bc%91%e7%b4%9a%e5%be%97%e7%82%b9%e7%8a%b6%e6%b3%81%ef%bc%88%e5%be%97%e7%82%b9%e3%81%a8%e8%87%aa%e5%b7%b1%e3%81%ae%e5%b7%ae%ef%bc%89
(↑クリックして拡大↑)

基礎編と応用編ごとの点数はわからないのですが、基礎編はマークシートなので自己採点のとおりと考えると、各分野の差は応用編で積み増した点数だと思われます。

合格ポイント編でも書いていますが、記述式の応用編はとにかく採点者にアピールする答案を心がけましょう。

〇 1級学科試験で使ったテキストと問題集、勉強方法はこちら

ということで、落ちたものと思って1月に向けた勉強を始めた矢先の合格で、なんだか拍子抜けしてしまいました。

1級の実技試験は、受検料と受検会場の関係から、来年9月の「FP協会」の試験を受ける予定です。

それまで今度こそ気を抜かないよう、頑張っていこうと思います。

 

 FP関連記事

※ 各試験で実際使用した参考書・問題集はこちら

 

当ブログに関する質問やお問い合わせはこちらからどうぞ

最新情報をチェックしよう!