FP資格・資産形成・ヘルスケアなど 生活の質を高める情報をお届け

3か月でFP1級学科に合格するには ~合格ポイント編

前回、FP技能士1級学科の合格に向けたスケジュールを紹介しました。
(1級学科合格スケジュール編はこちら

ここからはFP1級学科の合格するための「8つのポイントをご紹介します。

広告

合格にむけた8つのポイント

  • テキスト1冊+中古問題集2冊+最新版問題集2冊をやりこむべし
  • 理解できない言葉や説明はネットで調べるべし
  • 答え以外の選択肢にも目を配るべし
  • 暗記物は「語呂合わせ+反復練習」で身につけるべし
  • 学習は 基礎編:応用編(計算問題)=3:7で臨むべし
  • 公式はシンプルに覚えるべし
  • 最新の改正や新聞での話題はチェックすべし
  • 本番では最後まであきらめず、試験時間を使い切るべし

テキスト1冊+中古問題集2冊+最新版問題集2冊をやりこむべし

まず準備したいのは、テキスト1冊+中古問題集2冊+最新版問題集2冊です。

なお、中古版はあまりに古いと制度改正が多すぎるため、1~2年落ちくらいのものが良いと思います。

1級学科は、例年9月と翌1月に試験があります。(注:2019年から新たに5月試験も設けられました。)

一方、これに対応した最新版のテキストと問題集(特にきんざい発刊の分)は7月くらいまで発売されません。

発売を待ってから取り組もうとすると、9月までの受検期間が実質2か月程度になってしまいます。

これではさすがに時間が足りません。

そこでおススメしたい方法があります。

最新版が販売されるまでは、中古の問題集を手に入れ、計算問題の「応用編」だけで良いので解いておくことです。

その理由としては、次の点があげられます。

・「応用編」は定番問題が多く、何が出題されるかわからない「基本編」より着実に得点できる
・制度改正の影響が比較的少ない
・いろいろな問題に数多く当たることで経験が積める

実際に僕が使ったのが、次のテキストと問題集です。

中古品はネットオークションやネット古書店、Amazonなんかを活用して手に入れましょう。

→ テキスト類のまとめは、こちら

  • FP1級学科 重要過去問スピード攻略【2年落ち中古】(成美堂出版)
  • FP1級学科 精選&模擬問題【2年落ち中古】(ラピュータ)
  • 合格ターゲット 1級FP特訓テキスト(きんざい)
  • パーフェクト FP1級学科編対策問題集(きんざい)
  • 2016年9月試験をあてる TAC直前予想FP1級(TAC)
p1030891
↑クリックで拡大↑
p1030895
↑クリックで拡大↑
広告

テキストと問題集を使った具体的な学習方法

学習方法ですが、
中古問題集の「応用編」→最新版のテキストと問題集全般→過去問→誤答見直し
という流れになります。

ここで大切なのは、1級学科においては問題集をメインに使っていき、テキストは通読と不明点の確認くらいに考えることです。

テキストに関しては、分量・値段ともリーズナブルなので、きんざいの「合格ターゲット 1級FP特訓テキスト」を使いました。

ですが、これだけでは6分野全体の内容を網羅することはできません。
概ね出題される7~8割程度の内容です。

このため、テキストを読むことに時間をかけるより、問題集で実際に解いてみて、考え方や解答手順に慣れるほうが効率的なのです。

実際の学習方法は、2級の時と同様、テキストや問題集の大事だと思ったところや間違えたところに蛍光ペンを引いたり、気が付いたことや覚えるための語呂合わせを書き留めます
(書き込みで汚した分だけ合格に近づいていきます。)

p1030898
↑クリックで拡大↑

ただし、1級になると出版社側でも解答の間違いが多くみられます。

このため、各出版社の正誤表のサイトはちょくちょく見に行ったほうが良いと思います。
(特に、TACの「試験をあてる」は答えが間違っていたため、だいぶ悩むことになりました。)

正誤が出たら、テキストや問題集に赤ペンで修正しておきましょう。

p1030901
↑クリックで拡大↑

さらに一歩進んだ問題集の活用

問題集にもどしどし書き込んでいきます。

2級の時にもやっていたのですが、間違えた問題には蛍光ペンで印をつけていくのが良いと思います。

具体的には、

 1回目の間違い:黄 色
2回目の間違い:オレンジ色
3回目の間違い:ピンク色

とだんだん濃い色にしていきます。(下の写真を参照。)

こうすると、問題を見たときに自分が間違いやすいところが視覚的に意識できます。

p1030904
↑クリックで拡大↑
広告

2017.6.11追記 ☆グッズの活用☆

ここからはお問い合わせを踏まえて、新たに「グッズの活用」を追加しました。

合格のための小物」で紹介しているグッズをフル活用します。

まずは「バインダーノート」の活用方法です。

  • 上記の問題集を解く中で、3回以上間違った問題(ピンク色)を中心にコピーします。
  • バインダーノートの表に問題を貼り、答えと解説を裏に貼ります。
  • これで「自分の苦手ノート」が出来上がり。
↑クリックで拡大↑
↑クリックで拡大↑

僕の場合は、最後まで「苦手ノート」の問題を繰り返すことで、苦手分野を克服しました。

また、基礎編は暗記物も多くなっています。
同じく小物活用術で紹介している「単語帳」や「ふせん」を使います。

↑クリックで拡大↑
↑クリックで拡大↑

よかったら記事を参考にしていただき、通勤・通学時間などのスキマ時間を使って効率よく暗記物を抑えてください。

(追記 了)

試験問題をあてるのオマケの活用

今回、僕が使っているTACの試験をあてるシリーズですが、「試験を『あてる』といってるのに全然当たらないじゃないか」という厳しい書評も見られます。

それについては、スケジュール編で少し触れたので、今回はその活用についてです。

まず、「試験をあてる」シリーズは問題用紙が取り外せるため、より本番に近い感じで学習できます。

独学での学習においては、本番の雰囲気を味わえるのもありがたいものです。

p1030906
↑クリックで拡大↑

そして、僕にとっては、最初の方に掲載されている「リアルタイム法改正情報」が役に立ちました。

これを試験直前に確認していたら、ちょうどその部分が取り上げられて得点に結びつきました。

ただし、重要度A~Cというのはあまり当てにしないほうが良いです。
(試験に出題されたのもBの項目でした。)

p1030907
↑クリックで拡大↑
p1030908
↑クリックで拡大↑
最新情報をチェックしよう!