FP資格・資産形成・ヘルスケアなど 生活の質を高める情報をお届け

【速報】FP1級実技試験(FP協会)の受検と感想

2017年9月10日開催の「FP協会 1級FP技能検定(実技試験:資産設計提案業務)」を受検してきました。

今回はその速報記事ということで、当日の受検の状況や自己採点の状況をご紹介します。

広告

試験開始前

以前の投稿でも書いていますが、僕は地方在住です。

このため居住地に受検会場がなく、受検会場は県外になります。

一番近い会場まで、なんと車で3時間ほどかけて移動しなければなりません。

毎回お金の話でなんですが、今回の受検料20,000円+高速料金9,000円ほどで、既に30,000円近い費用をつぎ込んでしまっています。

これだけでも「安上がり」な独学を選んだ僕にとっては、かなりのプレッシャーです。

ちなみに、FP協会の1級実技は、13:00開場・13:30受検開始のスケジュールです。

日曜日当日の午前中に移動でき、渋滞にはまることも少なく概ね予定通りの行程でした。

試験開始の1時間ほど前に会場の大学に着きます。

12:30過ぎに到着して、すぐに試験会場の建物と受検教室・受検番号を確認します。

受検番号から見ると、1級の受検者は10数名といったところ。

この時点で開場まで随分と時間が残っています。

「どこか自習できるところはないかなぁ」と探して大学内をウロウロ。
すると、大学のカフェテリアを見つけました。

広告

当日は2・3級の試験も行われており、カフェテリアは午後の試験に向けて若者でいっぱい。

1級学科のときの昼休みを思い出します。 →「FP1級学科合格体験記」参照

若者たちに交じって、数人どう見ても周りとの年齢差を感じる人たちがいます。

「きっとこの人たちは1級受検者なんだろうなぁ」と相変わらずどうでもいいことを考えながら、肩身の狭い思いで試験開始まで最後の追い込みをかけます。

試験開始

13:00 開場

13:00近くになり、受検教室に向かいます。

今回は3級の受検生と同じ教室です。

早速、教室に入って席を確認すると、なんと一番前列で監督者の目の前。

この席は、開始前の説明などで監督者の声が気になって集中できないパターンのため、最も避けたかったところ。

「もう少し早めに申し込んでおけばよかったかなぁ」という思いが頭をよぎります。

これまでの試験会場では受検生の状況もお伝え出来たのですが、今回最前列になってしまい、他の受検生の状況があまりわかりませんでした。

雰囲気としては、40代以降の男性が多いなぁという感じだと思います。

そうこうしているうちに、例によって「受検上の説明」が始まります。

既に過去の受検で慣れたものなので、適当に聞き流しながら暗記物の最終確認。

その後、問題用紙が配られます。

13:30~15:30 試験開始

「では 始めてください。」との監督者の声で、試験開始です。

まずは、問題全体をざっと見ていきます。

FP協会の実技試験で最も鬼門である「論述問題」が気にかかります。

それは問5にありました。

今年は、なんと『保険業法』!! しかも昨年5月改正内容が求められています。

「うぎゃ 最悪だ。」 😥

実は、僕は6分野の中で保険が最も苦手で、しかも保険業法に至っては既存のスキームすらおぼつかない領域です。

論述問題については元々出たとこ勝負で対応するつもりでしたが、(個人的には)意外な問題となり、スタートから暗たんたる気持ちになります。

しかし、こうなっては気持ちを切り替えるしか仕方ありません。

論述問題は早々にあきらめて他の問題に全力を傾けます。

1級実技の試験問題は、択一・正誤・記述が混合で出されますので、以下の解答方法で対応します。

①問題毎に設定の条件を確認し、下線を引きながら読む。(特に計算問題の端数処理

②正誤問題は各選択肢に「○×△」をつける。さらにどこが間違いなのかに下線を引く。
○→絶対正しい
×→絶対間違い
△→○×を決められない

③計算問題は問題文の近くの余白に計算過程を記入。(最終見直し時に時間短縮になるため)

④各問ごとに問題用紙に解答を記入。同時に解答用紙にも記入。(択一と記述が混合し、書き漏れ回避のため)

⑤最後の見直しで、計算の端数処理は適切か、問題の選択肢と解答用紙にずれがないか最終チェックする。

「保険業法」の論述問題を残して、14:45くらいに解答1巡目が終了。

論述問題はそのままで、2巡目の最終チェックに入ります。

この最終チェックで、計算間違いやら勘違いやらを続々と発見!(計5か所)

ちゃんと見直してよかったと思いました。 🙄

そして、15:15頃から論述に取り掛かります。

広告

といっても、書ける知識はほぼ皆無なので、かえってスムーズに進みます。 😛

100文字くらいしか書けていないまま、終了。

しかし全体を通して、何だか一癖ある難しい問題が多く、試験終了時点まで他の受検生も多くが残っていました。

僕の隣の方は、相当イライラしているのが感じられ、ちょっと怖かったです。

 

自己採点の結果は? 次のページへ

最新情報をチェックしよう!