FP資格・資産形成・ヘルスケアなど 生活の質を高める情報をお届け

実践! 投資で資産運用・形成(2017年結果)

今年も東証大納会が終わりました。

恒例となります2017年の資産の棚卸と総括をしてみましたので、ご紹介します。
(ちなみに昨年末の状況はこちら

広告

投資の全体像

まず、2013~2017年の「各年末の投資成績」についてです。
各年の投資総額の累計と資産売却・配当額を考慮した全体の投資成績になります。

前回同様、投資額については伏せていますが、投資額の累計に対する資産総額はプラスを維持しています。


(↑クリックして拡大↑)

今年は年間を通じて株式が好調な年でした。
一方で、円安については一段落し、特に年後半は円高と株高が同時進行した印象があります。

また個人的には、来年から始まる「つみたてNISA」に向けて、これまでNISAで運用してきた投資信託・ETFを軒並み処分してしまいました。(結局この作業は不必要だったことが判明したのですが 😥 。)

色々ありましたが、2017年の投資成績は115.2%(前年比8.0%増)とプラス幅を拡大させることができました。

2017年はどんな年だった?

2017年の国内外の出来事について、気になったものを列挙してみました。
1年を通してみると、前年から引き続き トランプ大統領にかき回される印象の強い年でした。

1月:アメリカ トランプ大統領就任

2月:日米首脳会談

3月:米中首脳会談

5月:フランス マクロン大統領勝利
   韓国 文在寅大統領就任

6月:アメリカ 地球温暖化対策のパリ協定離脱

7月:九州北部豪雨の発生

8月:北朝鮮が中距離弾道ミサイル発射 北海道上空を通過

9月:衆議院解散総選挙
   ドイツ メルケル首相の勝利も連立交渉不調

10月:衆議院選挙 自公大勝、民進分裂
   スペイン カタルーニャ州独立住民投票、独立宣言
   中国 全国人民代表大会開催 習近平体制の強化へ

11月:トランプ大統領来日
   北朝鮮が新型ICBM発射、一方 兵士の韓国への亡命も

12月:北朝鮮からの不審船着岸相次ぐ
   アメリカ エルサレムをイスラエルの首都と公式に認定

2017年の投資結果

2017年は、前年から続いてのNISA枠とともに、新たに対象が拡大した個人型確定拠出年金(iDeCo)枠での長期運用に取り組むことにしました。

そして各資産クラス(先進国・新興国・国内の株式・債券)については、以下の「インベストメント・ポリシー」を作成して、これに沿って運用していくことを目指したところです。

2017年のインベストメント・ポリシー

「iDeCo」の枠を最大限に活用しながら「NISA」を併用。

  1. 資産バランスが偏っている(=持ちすぎている)「日本株」は原則投資見合わせ
  2. 「先進国株式」や「新興国株式」については、「インデックス型ETF」に指値で投資
    ただし、iDeCoの取扱商品によっては「積立型投資信託」での投資も検討
  3. 値動きが小さい「先進国債券」は、「インデックス型投信」を毎月定額購入(ドルコスト平均法)
  4. 「国内債券」と「新興国債券」は投資見合わせを継続 

さて、年末を迎えて1年間を振り返るのですが、結論から言うと、2017年のインベストメント・ポリシーは落第点でした。

個別にポリシーの順守状況を見てみます。

1.「日本株」は原則投資見合わせ

株主優待制度など気になる会社を中心に、保有株式で価格が下がったもののナンピン買いなど、結局トータルの日本株投資額は増加してしまいました。
今年一番の反省です。

2.「先進国株式」や「新興国株式」については、「インデックス型ETF」で投資

3.「先進国債券」は、「インデックス型投信」を毎月一定額を購入

この2つはおおむね守ることができました。

ただし、来年から「つみたてNISA」に切り替えるため、現行NISAのロールオーバー(5年目にNISA枠を使って10年間の投資期間を確保すること)切れが不安になり、結局、年後半にETFを処分してしまったのが反省材料です。

4.「国内債券」と「新興国債券」は投資見合わせ

これはちょっと嬉しい誤算です。
「国内債券」については、住宅ローン返済が終了するまでは投資しないことにしてました。
(以前の投稿 住宅ローン返済と資産運用を両立させる3つのコツ を参照)

しかし、繰上償還を続けた結果、予定よりも19年ほど早く返済が終了したのです!
(詳しくは、祝! 43歳で住宅ローン1,600万円を完済 を参照)
このため、「国内債券」について「変動10年国債」への投資を細々と開始することにしました。

この結果、各資産クラスの割合は以下のとおりとなりました。


(↑クリックして拡大↑)

ちなみに2017年当初に予定していた目標割合との比較では次のとおりです。


(↑クリックして拡大↑)

もうなんというか、ぐちゃぐちゃです。
自分の意思の薄弱さに涙が出そうです。 😥 

しかし過ぎたことは仕方ない!
年末にしっかりと反省をして、2018年のインベストメント・ポリシーを考えてみたいと思います。

それでは、皆さん良いお年をお迎えください。

 

 

当ブログに関する質問やお問い合わせはこちらからどうぞ

最新情報をチェックしよう!