FP資格・資産形成・ヘルスケアなど 生活の質を高める情報をお届け

シニアライフ・相続アドバイザー合格体験記(グダグダの3か月編)

皆さんは「シニアライフ・相続アドバイザー」という資格をご存じでしょうか。
ファイナンシャルプランナー(FP)などに比べるとあまり知られていない通好みの資格です。

今回、2018年1月の試験を受験し、無事合格することができました。 🙂
独学での勉強方法や試験の概要などをご紹介したいと思います。

広告

シニアライフ・相続アドバイザーって?

FP技能士の認定試験も行っている「一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)」が実施する資格試験になります。

といっても「金融業務能力検定」の一つであり、一般の方向けというより、金融機関で働く人向けの試験と位置づけられているようですね。

年2回、1月と9月に試験が実施されています。

資格取得に求められる知識

シニアライフ・相続アドバイザーの試験では次の観点から問題が出題されます。

<特 色>

◆リタイアメントプラン、医療・介護、住居、相続、お墓等、シニア(高齢者)層が避けて通れない課題についての基本的な知識を問う問題を出題します。

事例形式に基づく問題により、シニア(高齢者)層との実際の相談内容に応じた実践的応用力を判定します。

合格者には、「シニアライフ・相続アドバイザー」の認定証を発行します。

注)2018年度からは「金融業務3級 シニアライフ・相続コース」に試験名称が変わりますが、認定名称は引き続き「シニアライフ・相続アドバイザー」のままです。

【一般社団法人 金融財政事情研究会HP 種目別ガイド:シニア相談より】

問われる内容はファイナンシャルプランナー試験と重なるところも多いのですが、高齢者に特化しているのが特徴です。(当たり前か。)

問題集を手に入れてからわかったのですが、過去には「年金の具体的な支給・受取時の書類に関する注意事項」とか「お墓じまい」に関することまで出題されています。

僕自身、ちょうどFP1級実技試験を終えて、「高齢者のコンサルティングに役立ちそうな資格ないかなぁ~」と探していたところ、この資格が目に入りました。

なお、これに似た資格として 株式会社 経済法令研究会の「相続アドバイザー 3級・2級」というのもあります。

僕がなぜ、シニアライフ・相続アドバイザーを選んだのかというと、

  • 経済法令研究会の相続アドバイザーは段階がある(ただし何故か2級まで)が、きんざいのシニアライフ・相続アドバイザーはレベル分けがないこと
  • 経済法令研究会という団体の試験を受けたことがないこと
  • 相続に関してはFPの勉強で嫌というほどやったこと

など、あまり積極的な理由ではありません。 😛 

 

まぁ、そんなこんなで きんざいの「シニアライフ・相続アドバイザー」の取得に向けて勉強開始です。

広告

受験に向けての勉強方法

問題集の入手

今回も当然独学です。

まずはどんな問題が出されるのか、きんざいのHPなどをネットで調べます。
ところが、FPと違って過去の試験問題がネット上に公開されていません。

これでは、どんな問題が出るのかわかりません。

広告

 

幸い問題集は販売されているようでしたので、さっそく「シニアライフ・相続アドバイザー試験問題解説集」を入手します。

いつものように「中古が手に入らないかなぁ」と思って探してはみたのですが、あまりにマイナーな資格のせいか、ネットも含めて中古が全く見当たりませんでした。

このため、普通に新品を購入することとなりました。 😥 

合格に向けた学習方法

学習スケジュール

早速ですが、学習スケジュールは次のとおりです。

↑クリックで拡大↑

今回はFP試験の知識が、まだ残っている状態ですので、いきなり問題集を解くところから始めました。
問題の難易度としては、FP2級くらいの知識で十分合格圏内に入りそうです。

これからシニアライフ・相続アドバイザーを勉強しようという方で、まったく予備知識がなくても少し真面目に勉強すれば3か月程度で十分合格圏に入ってくると思われます。

広告

僕も実質12月の下旬までの2カ月間で一通り終わってしまい、後は年末年始の飲み会やら、車の買替の手続きやらで、ほとんど勉強をしないまま本番を迎えることになりましたので。
(前回 1月にFP3級の受検をしたときも同じようなことを書いた気が。。。)

学習方法

実際の学習については次のやり方で進めました。

  1. 「シニアライフ・相続アドバイザー試験問題解説集」を解く。(2巡)
  2. 2回間違った問題や自信がない問題を別途バインダーノートにまとめる。
  3. ファイナンシャルプランナー試験問題からも、高齢者に関する問題で苦手問題をバインダーノートに集約。(過去の受検の際に作成したノートからルーズリーフを移動するだけ)
  4. 苦手問題を集中的に解く。
  5. 再度、「試験問題解説集」を最初から解く。(3巡目)
  6. 問題集に添付されている過去問2回分を時間を計って回答し、本番の時間感覚を確認。
↑クリックで拡大↑

今回も苦手問題を洗い出し、バインダーノートに綴じることで、後から苦手問題の反復をやりやすくしています。
(バインダーノートの活用方法はこちら

①間違えたり、解答に自信が持てない問題と解答・解説をコピーします。
②それをルーズリーフの表・裏に貼り付けます。
③さらに解答・解説以外にネットなどで補足する資料があれば、それも裏側に貼り付けます。
バインダーノート見開き
↑クリックで拡大↑
問題:表側
↑クリックで拡大↑
解答ほか:裏側
↑クリックで拡大↑

僕の場合は、上記3にあるとおり、FP受検時に苦手問題をまとめたノートがありましたので、こちらもセットにして高齢者関係の苦手問題を集約していきました。

なお、この「シニアライフ・相続アドバイザー試験問題解説集」は、この試験での唯一の問題集ですが、解説が微妙です。

出典に通信講座「シニア層からの相続[Q&A]講座」のページが書かれていることから、通信講座を受講している前提で解説されているようで、問題集だけでは若干生煮え感が否めません。

解答・解説欄
↑クリックで拡大↑

かといって通信講座 10,800円なんて、とても払う気にはなりませんし。 🙁
このため、解説で分からないところは、FP2級テキストやネットで調べるなどして補足していきました。

問題集の正答率など

ちなみに上記問題集は合計3回解いています。

1回目から3回目までの各章ごとの正答率、また、巻末の直近2回の試験問題(2016年9月・2017年1月)の正答率については以下のとおりです。

↑クリックで拡大↑

100点満点中60点で合格の試験ですので、FP2級くらいの知識があれば十分合格圏内といったところでしょうか。

このあと受験票も無事に到着し、後は本番を待つのみです。

受検日当日以降は次ページにて。

広告
最新情報をチェックしよう!

シニアライフ・相続アドバイザーへの道の最新記事