FP資格・資産形成・ヘルスケアなど 生活の質を高める情報をお届け

楽天証券の投信積立にポイント利用! さっそくやってみた

広告

ポイントで積立投信の設定

9月30日から楽天証券での投信信託の積立購入に、ポイント利用の設定ができるようになりましたので、早速設定していきます。

まず、概要を確認。

↑クリックで拡大↑

毎月の積立は当然ですが、毎日積みたてる場合も使えるんですね 。

「ポイント利用設定の変更はいつでもできる」ということなので、安心して手続きを進めていきます。

ポイントコース設定

前ページのメリット④にあげた「500円/月以上のポイント投資と楽天スーパーポイントコースの設定で楽天市場の商品購入ポイントが+1倍」を適用するためには、ポイントコース設定を「楽天証券ポイント」ではなく「楽天スーパーポイント」にする必要があります。

なお、ここで楽天スーパーポイントコースに設定すると、SPUも設定されるようです。

↑クリックで拡大↑

ポイント利用設定

続いて「ポイント利用設定」です。

投信の積立注文はこの画面で設定することになります。

なお、投信の通常注文(単発注文)でポイントを使う場合は注文画面でポイントを指定する仕様のようです。

始めは「ポイント利用しない」になっていますので、「設定を変更する」をクリック

↑クリックで拡大↑

すると次の画面が出てきますので、「ポイント利用する」とし、利用方法で上限ポイントかすべてのポイントかを選びます。

広告

ちなみに、楽天スーパーポイントコースの場合、楽天会員のランクによって利用可能なポイント数があって、指定したポイント上限値まで利用できない場合があるそうです。

  • 投信積立における楽天ポイント利用上限 (2018年8月1日時点)
    ダイヤモンド会員:500,000ポイント/1日 500,000ポイント/月間
    それ以外:30,000ポイント/1日 100,000ポイント/月間

これだけのポイントを持っている方はそう多くないと思われますので、あまり問題になりませんが。

特にこだわりなければ「すべてのポイントを利用する」で良いのではないでしょうか。

↑クリックで拡大↑

なお、ポイント積立の対象となる投信が複数ある場合は、ポイントの上限に達するまで、投資時期が早い投信から優先的に充当されるようです。(投資額に対する按分ではない点に注意が必要です。)

↑クリックで拡大↑

SPU利用の確認

僕の場合は既にスーパーポイントとの連携が設定されていたため、SPUが設定済になっていました。

↑クリックで拡大↑

ここまで入力し、「取引暗証番号」を入力すると設定終了です。

↑クリックで拡大↑

設定完了!

念のため、もう一度設定画面から積立のポイント利用を確認すると「利用する」に変わっています!

↑クリックで拡大↑

以上で、手続き完了です。
あとはコツコツ積立を進めていくことですね。 🙂

 

当ブログに関する質問やお問い合わせはこちらからどうぞ

 

最新情報をチェックしよう!